焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
スタッフブログ
HOME会社概要NEWSお料理帖


CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<BACK 2018.09 NEXT>>

ARCHIVES


だしまかせの「だしがら」を使いましょう。
皆様、おはようございます。
昨日の焼津は1日中冷たい雨がボソボソと降りしきり、気分はもはや11月・・・と言う雰囲気。
今朝も相変わらずの雨模様で、寒いです。このまま秋にまっすぐ向かうのでしょうかね。

涼しさを通り越してさむーくなってくれば、ますますだしまかせの活躍の場が広がる・・・と言うコトで、本日は昨日に引き続いて、だしまかせのお話でございます。

だしまかせは、ティーバッグに3種類の鰹節と北海道産真昆布を粉末して入れてあります。3種類の鰹節とは、
鰹枯れ節・鰹荒節・宗田鰹の節 でございます。
このティーバッグをお湯に入れて約3分ほど煮てから引き上げるのでございますが、引き上げた後のティーバッグはおそらくはそのままゴミ箱に直行という悲しい現実に直面するのは火を見るよりも明らかでございますね。

でもちょっと待ってください。せっかく5g×14ティーバッグ入りの594円のお金を出して買われただしまかせ。わずか数分でその役目を終えさせるのは非常にもったいないコトだと思われませんか?

と言うコトで、本日はだしまかせのだしがらを使った「和風ドレッシング」のレシピをご紹介いたしましょう。

●材料
・だしがら 1袋 ・酢 大さじ5 ・砂糖 大さじ2 ・塩 小さじ2/3 ・ゆず 少々 ・唐辛子 少々

●作り方
1.酢に砂糖・塩を加え味を調える。
2.だしがらの袋を破り、中身を1に加え、ゆずと唐辛子も加えてよく混ぜ合わせる。


以上でございます。
とってもカンタンでございますね。だしまかせのだしがらは捨てないで、とっておいて再利用。
他にも工夫次第で色んなお料理にだしがらでさえも使えそうでございます。
皆様、ぜひ一度お試しのほどを。

本日お奨めの一品は、昨日に続いて



コチラ → 昆布と3種の鰹節 だしまかせ

| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2497 | 09:06 AM | comments (x) |
だしまかせクッキングアイデア
皆様、おはようございます。
さすがに9月も中旬を過ぎると、涼しくなってきますね。昨日の昼間でもあの真夏の炎熱の候がウソのような涼しい風が焼津の山政工場敷地内を吹きすぎております。
さっさと涼しくなってくれるのは、山政通販スタッフたちにもありがたく、だしまかせ10袋セットのご注文をくださる方が、急激に増えてきたような気がします。

そんな、嬉しい注文激増のだしまかせでございますが、
昔昔の大昔に作った、「だしまかせクッキングアイデア」という小さなパンフレットがございます。



ところで、なぜ「昔昔の大昔」と弊ブログ上で大手を振って言えるのか?
大体、弊ブログの管理人のような気が小さくいつもどこかで山政スタッフたちから虐められている人間がこれほど自信を持って言えると言うのは、裏表紙に「味を求めて90年」という言葉が印刷されているからに他なりません。
今年で山政は創業110年を迎えるワケですから、このパンフレットは少なくとも、十数年前に製作されたモノと考えられますね。

このパンフレットの中身にはだしまかせを使ったお料理が掲載されております。
かき玉子汁・野菜のお煮染め・筍の炊き込みごはん・チャーハン・だしつゆ
等のお料理のレシピが掲載されております。



これらのお料理は弊ブログにて過去に何回か掲載させていただきましたし、だしまかせのヘビーユーザの皆様にとっては、お茶の子さいさいに出来てしまうモノだと拝察申し上げます。

実のところ、このパンフレットを山政通販ご利用の皆様にお配りしたいところではございますが、非常に残念なコトにもう何枚かしか在庫が残っていないので、山政では貴重な財産として美術館の展示品みたいに大事にとってあるのでございます。

たくさんあれば、ホント、焼津駅前で通行人の皆様に片っ端から配りたいところなんですけどね。

本日、お奨めの一品は、当然、



コチラ ⇒ 鰹節と昆布の旨味の相乗効果 だしまかせ


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2496 | 08:52 AM | comments (x) |
創業100年を創業110年に変える!
皆様、おはようございます。
今年は何かと災害が多い年でございますが、こんな年になんの因果でこんなお祝い事を開催しなければならないのか?
と思わず慨嘆してしまうのでございますが、実は山政は、今年で創業110年になるのでございます。
まあ、正確に申し上げますと、今年の10月1日から「創業110周年ですよ~」とご近所のお家にもお取引先様にも胸を張って申し上げるコトが出来るのでございますが・・・

そういうワケで、山政創業110年を迎えるに当たり、本社工場直売店や焼津駅前店では10月にイベントを大々的に開催しようと今から虎視眈々と画策しているワケでございます。
と申し上げましても、その対象はやはり善良なる地元の焼津市民の皆様に限られてしまうのでございますが。

創業110周年を迎えるに当たって、他にも変えなければならないモノがございます。
それは、製品に入っている「しおり」



現在でも山政では佃煮製品を中心に、しおりを入れた状態で出荷しておりますが、今現在入れているしおりには、「創業100年・・・」という文字が印刷されております。
これらのしおりの在庫が無くなり次第、次に印刷されるしおりには、「創業110年」という言葉に変えなければなりません。

と言うか、今までけっこう無秩序に、「これでもかっ!」というほど、あちこちの印刷媒体で「創業100年」という言葉を乱発してきたので、これを110年に変えるのはけっこう面倒で大変なコトなのでございます。

しかしながら、せっかく創業110年というオメデタイコトを迎えたワケですから、ココは頑張って100年から110年に変えないといけない・・・と言うコトを今から思い悩んでいる山政スタッフたちなのでございます。

本日、お奨めの一品は、そろそろ発売して半世紀も経ってしまうのではと考えられる製品の



コチラ ⇒ 焼津生まれのかつおの佃煮詰合せ かつお三昧

| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2495 | 08:37 AM | comments (x) |
かわいい”ぶんぴん”のページ
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは弊ブログの管理人さんちに住んでいる、シナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



ボクは水浴びが大好きでとってもきれい好きなんだけど、一つだけ難点を言えば、
飼い主さんの手の平に中でしか水浴びをしないコトなんだよ。

飼い主さんがボクを洗面所まで連れて行ってくれて、蛇口から水を出して両手で受け止めて小さなプールを作ってくれるんだ。
ボクはそこにいそいそと飛び込んで思いっきり羽をパタパタさせて水浴びを楽しむんだよ。



あまりにも気持ちがいいから、ついつい水の中にどっぷりとはまり込んでジッと固まってしまうコトもあるんだ。



新鮮な水がジャバジャバ出るような環境での水浴びを知ってしまうと、鳥かごの中に水浴び用の入れ物を置いても、ぜんっぜん浴びる気がしないんだよね。



やっぱり、飼い主さんの手の中で思う存分新鮮なお水でする水浴びが最高だよ~


本日、お奨めの一品は、秋になって出番が増える、



コチラ ⇒ 昆布と鰹節のだしの相乗効果 だしまかせ 

| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2494 | 08:26 AM | comments (x) |
そろそろ戻りかつおの季節ですね!
皆様、おはようございます。
9月は今週と来週の2連チャンで3連休という、家にいるときは食べては寝てまた食べては寝てを繰り返すグータラ好きな山政スタッフたちにとっては夢のようなお休みがございますね。
生憎、山政にはお正月くらいしか3連休はございませんが、多くの皆様は本日が連休初日に入っていらっしゃるのではなかろーかと拝察申し上げます。

さて、山政では毎年恒例化している秋の戻りかつおのキャンペーンがやって参ります。
戻りかつおとは、春先に日本列島の太平洋岸を北上した鰹たちが北の海で豊富なエサをたーくさん食べて、皮の下に脂肪をたっぷりと蓄えて元来た経路で南下するコトを申します。
ちょうど、Uターンするように太平洋岸を南下するワケですね。
そこを狙って、漁船の漁師さんたちが一本釣りでポンポンと釣りまくるワケでございます。

皮下脂肪がたっぷり付いた戻りかつおは、さらに輪をかけて美味しいのですが、



この戻りかつおの炭火焼たたきを販売するに当たって一つだけ困ったコトが毎年の如く発生いたします。

それは・・・
年によって戻りかつおの好不漁の現象が発生するからでございます。
9月の声を聞いてから、
「さあ、戻りかつおの時期がやってきたゾ。今年も頑張ってたーくさんの炭火焼たたきを焼いて、たーくさんのお客様に食べていただこう!」
と山政スタッフ一同張り切っていると、焼津港からの情報では、
「戻りかつおを獲ってきた船がぜんぜんいない」とか「今年はあんまり獲れない」とか、そのような情報がもたらされるコトがございまして、がっかりするコトもございます。
事実、数年前には戻りかつおが全然獲れなくて、秋にも普通のかつおたたきのキャンペーンを挙行したコトもございました。

まあ、そういう背景もございまして、9月半ば現在、戻りかつおの大々的なキャンペーンを今年は張れるのか?
と、山政スタッフ一同気をもんでいる真っ最中なのでございます。

本日、お奨めの一品は、戻りかつおでなくてもやっぱり美味しい、



コチラ ⇒ 炭火焼かつおたたき


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2493 | 08:22 AM | comments (x) |
創業110周年のパネルを作りました!
弊ブログにてたびたび
「今年で山政は創業110周年ですよ~」
と言うアナウンスを、まるで小姑の如くチクチクとお話いたしておりました。
が、
山政の創業は正確に申し上げれば、明治41年の10月~と言うコトで、今現在は厳密に申し上げれば、まだ創業109年なのでございます。

ですが、年という期間で区切れば間違いなく、今年で創業110周年を迎えると言うコトで、この好機をぜひ商売にも大々的に活かさなければ!
と言うコトで、まさに燃える商魂の山政営業スタッフ一同は、静岡県下の山政の美味しい製品を売ってくださる取引先へ脱兎の如く出向いて、創業110周年記念のイベントを開催くださるよう滔々と説いて回っているのでございます。

そんな中で、静岡市の某取引先様で、山政の美味しい炊き上げ類をまとめて創業110周年記念セールをしてくださるコトに決定いたしました。つきましては、そのコーナーに置く、とってもよーく目立つPOP等を製作して欲しいとの要望で、出来上がったのが ↓ のPOPなのでございます。



まあ、コレは企画のK氏が手持ちの画像を使ってパワーポイントでデザインして印刷しパネルに貼り付けたモノ。

最近ではパソコンとプリンタがあれば、印刷屋さんも瞠目してしまうほどの印刷物がけっこうカンタンに出来てしまうからこれまたビックリでございますね。

このパネルを、山政の炊き上げ製品を置くコーナーに展示していただけると言うコトで、これから涼しい秋に向かって、お客様も美味しい炊き上げにご興味が向いて、山政製品の売れ行きがさらにグーンとアップ!
と言うコトを密かに画策している山政営業スタッフ一同なのでございます。

本日、お奨めの一品は、食欲の秋にお奨めの、



コチラ ⇒ まぐろ食べ比べ3点セット

| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2492 | 08:16 AM | comments (x) |
ふぅ、やっと秋らしくなってきましたね。
北海道で大地震があってから、ニュースではひっきりなしに地震の情報を伝えていて、山政スタッフたちも北海道への品物の送品について四苦八苦している内に・・・
いつの間にか、この数日間で急激に涼しくなってきました。

今夏は暑―くなるのも急激だったのですが、涼しくなるのもまた急ぎ足でやってきました。
でも、まだ9月の中旬。近年は10月上旬まではとっても暑い日があるのでまだまだ油断は出来ませんね。

さて、弊ブログでも秋が来るたび毎回毎回、口を酸っぱくして申し上げておりますが、
秋は食欲の季節!
まあ、炎暑から解放されて心地よい季節になれば、スポーツをやろうが絵を描こうが勉強を頑張ってやろうがとにかく何をしても快適にこなせるコトが出来るのは事実。

何でも快適なコトは、当然人間の身体も快適で、その分どうしても胃腸の調子も快適にならざるを得ません。
と言うコトで、やっぱり秋に一番こだわらなければならないモノは、なんと言っても美味しい食べ物!

山政の美味しい炊き上げ製品は、お家で食べても旅行やハイキングのお弁当のおかずにしても大変重宝できるお総菜でもあります。

と言うコトで、ココはつい最近、発売されたばかりの「ほんのり青しそ風味かつおの華」を再度ご紹介いたしましょう。
山政通販をたびたびご利用くださっているお客様の中にはとっくの昔にご存じ!山政のふりかけ風佃煮のかつおの華。
鰹節を細かく削り、お醤油やお砂糖を加えて煮詰めたふりかけ風佃煮。袋を開けると、お醤油で煮られた鰹節のとっても良い香りがプーンと鼻腔をくすぐります。そして、シャキシャキと香ばしい歯触りながらもしっとりとしたウェットな食感もまたたまらない魅力!
このかつおの華に、青しそ風味のタレを加えて炊き上げたのが、「ほんのり青しそ風味かつおの華」なのでございます。



鰹節の香ばしい香りの他にまたほのかに香る青しその香り、タダでさえ食欲をそそってしまうのに、これ以上
どーするんだ!
と言うくらいの、話題のふりかけ風佃煮で、

本日お奨めの一品は、当然、



コチラ ⇒ ほんのり青しそ風味かつおの華


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2491 | 08:36 AM | comments (x) |
かわいい”ぶんぴん”のページ
山政ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ボクは弊ブログの管理人さんちに住んでいる、シナモン文鳥の”ぶんぴん”だよ。



最近、ボクぼ換羽が益々激しくなってきて、
ボクの頭は白髪交じりのおじいさんみたいになっちゃったんだよ。
それに、ボクの凶暴さにいよいよ拍車がかかってきて、
ボクの大切な別荘に飼い主さんの手がちょっとでも触れようモノなら、
ボクは
「チュッチュッチュッチュッチュ~」
と一声叫んで、もの凄い勢いで噛みつくんだよ。



別荘に侵入をしなくても、とにかく別荘の近くにパソコンのマウスを握っている指でも見境なくボクは攻撃しまくるんだよ。



飼い主さんもいい加減ウンザリしてきて、早くボクの換羽が終わってくれるコトをひたすら祈るばかりなんだって。



本日お奨めの一品は、敬老の日のプレゼントに好適な、



コチラ ⇒ キハダ鮪あぶり、キハダ鮪びん長鮪づけ、釜揚げしらす詰合せ

| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2490 | 09:00 AM | comments (x) |
ほんのり青しそ風味かつおの華
山政が製造する佃煮製品の中に、「かつおの華」と「かつおでんぶ」という2種類の「ふりかけ風佃煮」がございます。
どちらの製品も鰹節を削って佃煮製造現場でお醤油や砂糖を加えて煮詰めて作るので、基本的には「佃煮」の部類に入るのですが、食べ方としては、ご飯にふりかけて食べる・・・と言う、ふりかけの王道を行くような食べ方をするのが最もふさわしいと思われるので、佃煮と言うよりもふりかけに限りなく近いと言うのが本当のところでございます。



このふりかけ風佃煮は、山政通信販売では大人気を博しておりまして、特に幼少のお子様がいらっしゃるご家庭ではひっぱりだこの状態です。
ふりかけでありながらも、しっとりした口当たり。でも鰹節を煮詰めた香ばしい香りとまろやかな味わいも楽しめて、普通のふりかけよりも全く違う食感が味わえるのでございます。
このような山政のふりかけ風佃煮に、またまた新製品が登場いたしました。

その名は・・・
 「ほんのり青しそ風味かつおの華」
でございます。

従来のかつおの華の製造工程に、青しそ風味のタレを加えて仕上げました。
そのため、ちょっとお口に入れてみると、非常に微妙ではございますが、ほんのりと青しその香りが鼻腔に漂って参ります。



この「ほんのり青しそ風味かつおの華」は「かつおの華60g」よりも10g増量の70g。
ただし、賞味期限は青しそ風味のタレを加えている関係上、90日となっております。(かつおの華の賞味期限は6ヶ月でございます。)

このたび、山政の新製品として登場した、「ほんのり青しそ風味かつおの華」。
青しその香りが漂うと言うコトで、オトナの方も楽しめる風味になっているのではないかと思われますね。

本日、お奨めの一品は、当然、



コチラ ⇒ ほんのり青しそ風味かつおの華


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2489 | 08:15 AM | comments (x) |
K氏の軽井沢アウトレット訪問記
今朝は北海道に大地震が発生して、そのニュースで持ちきりです。北海道にお住いの山政のお客様も大勢いらっしゃるので大変心配しております。先日の関西地方への台風襲来と言い、どうも今年は災害が多い年ですね。これ以上何も起こってくれないコトを祈るばかりです。

さて、本日の弊ブログでは、山政の企画のK氏が昨年夏に引き続いてまたまた軽井沢アウトレットへ出かけて来たご様子なので、そのレポートをしていただきましょう。
では、K氏、どうぞ。


「私の年中行事と化してしまった、軽井沢アウトレットへの訪問。毎回早朝に車で静岡を発ち、大体9時半前後に到着している。距離にして200kmちょっと。時間にして4時間ちょっとで着く。ちなみに自他共に認める吝嗇家の私は一切高速道路は使わない。
最近の観光地の傾向として、区域内にはゴテゴテギラギラしたカンバンとか店の装飾とかはしないで非常に地味な茶系でひっそりと統一している。軽井沢ももちろんそうで、コンビニの店もカンバンも地味な茶色である。うっかり見過ごして通り過ぎてしまいそうである。

到着した軽井沢は、もう秋。雨模様の気温は20度。薄めの上着が欲しいくらいである。
午前10時の時点では、混雑はしていなかったが、午後になるとドッと人出が多くなってカフェには長蛇の列が出来ていた。ここで美味しいケーキを食べたかったが断念。
軽井沢アウトレットは、静岡県の御殿場のアウトレットよりも広くて規模も大きい。でも、御殿場は東京や神奈川に近いし、東名高速の便もあるからきっと御殿場の方が来客が多いのかもしれない。

今回の私の戦利品は、某「○ルック●●ラザー●」の冬用のジャケット。
山政に通勤する冬の上着には、いつも●マムラで確か1980円で購入したいかにもというか、ホントに、一目見ただけで「安い!」と瞬時に判断できてしまう化繊が詰まったダウンジャケットもどきを愛用している私であるが、今冬はこの○ルック●●ラザー●のタグが付けられたジャケットを颯爽と羽織り、並み居る山政スタッフたちの前に登場する予定。
そして、連中が
「何々、また安物のジャケットなんか買ってきたの?どれどれ見せてごらん」
と私を馬鹿にするネタ探しに嗜虐的な喜びを抱いてニタニタ笑いながら襟元のタグを見た瞬間に、彼らの顔つきが瞬時に凍り付く・・・その情景をぜひ見たいと、今から楽しみに冬を待つ私だったのでR 」


午前10時の駐車場はまだガラ空き。


ここに来るたびに昼食はいつもパン。




初めて知ったのだが、ここはプリンスショッピングプラザと言う名称だったんだ。



管理人より、
まあ、よくもこれだけくだらない企みを考えつくものだと、よっぽど暇なK氏だなあ・・・とあきれてしまう管理人だったのでR。

本日、お奨めの一品は、敬老の日の贈り物にピッタリの、



コチラ ⇒ 本鮪あぶりトロ、キハダ鮪、びん長鮪づけ詰合せ


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2488 | 08:33 AM | comments (x) |

 BACK>>
PAGETOP