焼津 やままさ 安心と、また食べたい味づくり

お問合せは054-626-1001 静岡県焼津市東小川2丁目4-14
スタッフブログ
HOME会社概要NEWSお料理帖


CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<BACK 2019.07 NEXT>>

ARCHIVES


本当に良いモノは自社従業員が買っているモノ
山政の製造しております、鰹節の削り節は基本的に「鰹本枯節」を削って袋に詰めたモノでございます。
「鰹本枯節」というモノは、どのようなモノなのか?
と言うコトを詳しく説明しようとすると、途轍もなく紙面を割かねばならなくなってしまうので、非常にカンタンの説明いたしますと、
燻した真っ黒な鰹の荒節に優良カビを発生させて日乾し、また発生させて日乾し・・・と言うコトを何回か繰り返した結果、鰹節内部の水分が抜けてカチンカチンに枯れきって香味が詰まった鰹節のコトでございます。


 ↑ 鰹の荒節


 ↑ 鰹の枯節

鰹節の製造工程は非常に複雑かつ時間を要するモノで、鰹本枯節を作るには6ヶ月もの時間を要します。
スーパーさんの鰹節売り場でたくさん並んでいる各メーカーさんの鰹節はそれこそ値段もピンからキリまでございますが、ちょっと高めに設定されているモノのウラ表示を見ると、「鰹本枯節」と書かれている可能性が大きいですね。

まあ、鰹本枯節だけが美味しくて、その他の「鰹荒節」ではダメだ!と言うコトではなく、鰹本枯節は鰹荒節よりも製造工程に手間がかかっているので必然的にお値段も高くなっているワケです。

さて、山政の鰹本枯節を削った削り節は、幾種類も製造しておりますが、実はこの削り節、山政本社工場に勤務しているパートのおば・・・・いえ、パートのご婦人方に大人気なのでございます。

しかし、山政で販売している削り節はやっぱりスーパーさんで売っているモノよりもちょっとお値段が高いのでございます。それにも拘わらず、やっぱり山政の削り節を従業員の皆さんが買われて行くのでございます。

皆さん、曰く「山政の削り節を味わったら、もう他のモノは買えない」
とのコト。

やっぱり、製品の評価というモノは、製造しているメーカーの従業員が率先して自社製品を買っている・・・と言う事実に尽きるところがございますね。

本日、お奨めの一品は、山政通販でも人気の



コチラ → 特選けずりたて2.5g×10


| http://www.yamamasa.co.jp/article/index.php?e=2566 | 08:43 AM | comments (x) |

PAGETOP